3/7 【倉吉ステップへ】

昨春・秋とレッスンでお声がけいただいていたのに行けなかった倉吉。緊急事態宣言が解除される予定日だったため(結果的には延長)、行くことにしました。仕事と感情と状況と、どう折り合いをつけるか、しばらくは難しい判断が続きそうです。

まなたんステーションのステップに初めて伺った2010年。そこから倉吉の三好先生とご縁ができて早10年以上。馴染深い場所になりました。ステーションの先生方の演奏による室内楽企画もあり、ステップ運営しながらステージに立っていらっしゃる!またアドヴァイザーをご一緒した重利先生は、大学の2学年後輩だったことがわかり、共通の話題があって同窓会のような気持ちになりました。

短い滞在でしたが、久しぶりの旅仕事はフレッシュでした。秋にはレッスンへ伺う予定にしています。今年は無事に伺えることを願っています。

 

3/9【大槌へ届け】収録

東日本大震災から10年。ずっと大槌町に寄り添い続けている竹森かほり先生にお声がけいただき、3/11に配信するためのビデオを光が丘美術館で収録してきました。私はソロと伊藤先生の伴奏で出演しています(リスト:愛の夢第3番/R.シュトラウス:万霊節)。

またいつどこで地震が起きてもおかしくない状況とも聞きます。先生と一緒に、震災後の大槌町を訪問したことを思い返し、改めて考える機会となりました。

 

3/13【松尾ホールで記念の収録】

3月末で閉館になる大好きだった松尾ホールで、記念の録画会をしました。私を含め9名。いつもお世話になっているビデオクラシックスの林さんによる撮影・録音です。

この日も含め、2月末から少しずつ人前でピアノを弾くことを再開しました。この1年、本番をしてこなかったので、ペースや感覚を取り戻したいと思っています。開催する予定で延期になっている、秋の自主リサイタルを目指します。

そして撮影が終わってから、松尾ホールの早川さんと記念写真。「1番はじめに使っていただいたのは2003年でした」と調べてくださっていて・・・。松尾ホールが好きだった理由のひとつは早川さんにありました。いつも的確で、意向を汲んでくださって、笑顔で迎えてくださったこと、忘れないです。

3/26【久しぶりのプロフィール写真撮影】

 

6年ぶりにプロフィール用の写真を撮ってきました。今回も スタジオ・ディーバ の山口直也さん(カメラマン)、加藤美樹さん(ヘアメイク)にお世話になりました。初めて撮っていただいたのが2010年だったのでもう10年以上。その時のリサイタルチラシをまだお店に貼ってくださっていて、、、(感激)。

この職業にプロフィールの写真が必要なことを知ったのは大学生の時。今はコンクール本選会のプログラムにもアーティスト写真が並ぶ時代になってきました。音大入学する頃には、時間がある時に撮っておくと、いざという時に便利と思います。

そして今年も生徒たちの音高音大受験、無事に終わりました🌸 5人の頑張りは私の宝です。4月から新たな環境でガンバレ!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事