都立芸術高校音楽科を経て、東京藝術大学卒業、ミュンヘン音楽大学大学院マイスタークラス修了。現在、都立総合芸術高校音楽科講師。これまでに鷹取淑子、小林仁、クラウス・シルデ、ミヒャエル・シェーファーの各氏に師事。またマスタークラス等にて、アルヌルフ・フォン・アルニム、今峰由香の両氏に、卒業後、チェンバロを坂由理、通奏低音奏法を芝崎久美子、ロシア奏法を大野眞嗣、比嘉洸太の各氏に師事。

 全日本学生音楽コンクール、ピティナピアノコンペティションG級等入賞、霧島国際音楽祭奨励賞。ドイツ留学中、ミュンヘン・ピアノハウスラング主催のソロリサイタルをはじめ、室内楽やドイツ歌曲伴奏など各地のコンサートに出演し研鑽を積む。日本へ帰国後、’02年~’07年、1人の作曲家の人生と曲で綴る「カフェクラシック」を中心にトークコンサートを全国で公演。’03年、’08年、’10年、’12年、’14年、’16年、’18年、ソロリサイタル。’15年、’17年「新しい耳音楽祭(サロン・テッセラ)」に出演、リサイタルを行う。CDに「ピアノで奏でる日本の抒情歌」(日本コロムビア)、ヴァイオリニスト相川麻里子氏の「メロディ〜幸田延のヴァイオリンソナタと同時代の作品を集めて」(ALM RECORDS)がある。

 NPO法人「カンボジアの子供の人権を守る会」が経営している孤児院「希望の家」(プノンペン)支援のチャリティーコンサートを毎年開いており、’08年にはカンボジアにて現地の人々を対象にした無料コンサートを開催。その他、新曲初演、室内楽、録音、オケ中鍵盤等の演奏活動、またコンクールの審査員を務めるなど、後進の指導に力を注いでいる。

 

Sanae Takagi(Pf)

After graduating from Music Department of Tokyo Metropolitan Art High School and Tokyo University of the Arts, Sanae Takagi further pursued her study in Europe and graduated from Graduate Meister Class at The University of Music and Performing Arts Munich, Germany. Currently, she is a lecturer at Music Department of Tokyo Metropolitan Senior High School of Fine Arts, Performing Arts & Classical Music.

She has studied under Ms. Yoshiko Takatori, Prof. Hitoshi Kobayashi, Prof. Klaus Shilde and Prof. Michael Schäfer. She has also studied with Prof. Arnulf von Arnim and Prof. Yuka Imamine at master classes etc. After graduation, she studied harpsichord under Ms. Yuri Ban, continuation bass playing under Ms. Kumiko Shibasaki, and Russian style playing under Mr. Shinji Ono and Mr. Kota Higa.

Sanae Takagi has won prizes in competitions such as All Nippon Student Music Competition and PTNA Piano Competition G Grade and was awarded the Encouragement Prize at Kirishima International Music Festival. While studying in Germany, she performed in various occasions including solo concerts,chamber music recitals and as German Lied accompaniment.

After returning to Japan, during '02 - '07, Sanae Takagi gave talk concerts, mainly the ones called “Café Classic,” in which she featured one composer and spelled out his/her life and songs, throughout the country. She also gave solo recitals in '03, '08, '10, '12, '14, '16, and '18. In '15 and '17, she performed in recitals at 'New Ear Music Festival (Salon Tessera)'. She holds annual charity concerts to support an orphanage “Hope House" in Phnom Penh which is operated by an NPO, "The Committee to Protect Human Rights of the Children of Cambodia".

Her activities also include new song premieres, performance in chamber music recitals and recordings, and keyboard performance in orchestras. She is also a dedicated instructor and on panels of juries of several competitions in Japan.

Records of recitals (2010〜)

<2018 >

シューマン:暁の歌 作品133

スクリャービン:ソナタ第5番 作品53

フランク=バウアー:前奏曲、フーガと変奏曲 ロ短調 作品18

リスト:ソナタ ロ短調

2017

ミュライユ : 別離の鐘、微笑み~O. メシアンの追憶に (pf)

ペルト : フラトレス (vn,pf)

メシアン :「幼子に注ぐ20のまなざし」 より 8 高き御空のまなざし (pf)

吉松隆 : 鳥が月の光を夢見る時に (cl,vc,pf)

メシアン : 世の終わりのための四重奏曲 (vn,cl,vc,pf)

2016

バッハ=バウアー:甘き死よ、来たれ BWV478

バッハ:半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV903

メシアン:「幼子イエスに注ぐ20のまなざし」より 19. 我は眠る、されど我が心は目覚めて

リスト:バラード第2番 ロ短調

シューベルト:ピアノ・ソナタ第20番 イ長調 D959

2015

ヒンデミット:ルードゥス・トゥナリスより プレリュード&フーガ in C

バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻より ハ長調 BWV846

ショスタコーヴィチ:24の前奏曲とフーガ作品87より ハ長調 Op.87-1

バッハ=ジロティ:プレリュード ロ短調 BWV 855a

グバイドゥーリナ:シャコンヌ 

グバイドゥーリナ:トッカータ・トロンカータ 

バッハ:トッカータト長調  BWV916 

フィッシャー:アリアドネムジカより ホ短調 Op.4-7

バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻より ホ短調 BWV855

ショスタコーヴィチ:24の前奏曲とフーガOp.87より ホ短調 Op.87-4

2014

バッハ=ブゾーニ:“目覚めよと呼ぶ声あり”BWV645

ブクステフーデ:トッカータ ト長調 BuxWV165

バッハ:トッカータ ト長調 BWV916

ショスタコーヴィッチ:24の前奏曲とフーガOp.87より 第4番 ホ短調

デュティユー:ピアノソナタより 第3楽章「コラールと変奏」

シューベルト:ピアノソナタ第18番 ト長調「幻想」D894

2012

スウェーリンク:涙のパヴァーヌ

フィッシャー:アリアドネ・ムジカ第8番 ホ長調

バッハ:平均律クラヴィーア曲集第2巻 第9番 ホ長調

バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻 第1番 ハ長調

ショスタコーヴィチ:24の前奏曲とフーガ 第1番 ハ長調

バッハ=リスト:前奏曲とフーガ イ短調

バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻 第17番 変イ長調

ベートーヴェン:ピアノソナタ第31番 変イ長調Op.110

2010

グリーグ:ホルベルク組曲 Op.40

西田直嗣:新曲委嘱作品(初演)

プロコフィエフ:サルカズ厶 Op.17

ショパン:ピアノソナタ第3番 ロ短調 Op.58