昨日は演奏会をはしご(また後日記事にする予定)、帰宅したらこちらが届いていました。5月末〜6月初旬にアメリカで行われたヴァン・クライバーン国際ジュニアピアノコンクールのプログラム。現地へ聴きに行っていたピティナ事務局の加藤さんから頂きました。重かったと思うのですが、こんな貴重な資料をいただけて感謝です。

加藤さんと指導仲間で時々集まって、情報交換をする機会があります。私は5年前、生徒に同行したドイツのコンクールへ行ってから、国際ジュニアコンクールへ関心を持つようになりました。

クライバーンジュニアの配信は時間が許す限り、仙台国際と並行して聴いていました。求められるものが別格なジュニアコンクール。参加が許される時点で凄いレヴェルで、大人のコンクール並です。ちなみに優勝した16歳の男の子のプログラム。レパートリーを見ているだけでも、その質の高さがわかると思います。

1次
BACH:Prelude and Fugue in E-flat Minor, BWV 853
CHOPIN:Etude op. 25-6
BARTÓK:Three Etudes, op. 18

2次
BACH:Chromatic Fantasy and Fugue BWV 903
HADYN:Sonata Hob. XVI:52 (I)
CHOPIN:Etude op. 10-2
CHOPIN:Barcarolle op. 16

セミファイナル
HAMELIN:Toccata on “L’hommè armé”
CHOPIN:Nocturne  op. 48-1
PROKOFIEV:Sonata No. 7   op. 83
BALAKIREV: Islamey (Oriental Fantasy)

RACHMANINOV:Concerto No. 3 in D Minor, op. 30(1楽章のみ2台ピアノで)

ファイナル(with Orchestra)
RACHMANINOV:Concerto No. 3 in D Minor, op. 30(全楽章)

ジュニア出身の子が、その後音楽家として大成するかどうか、という議論があるのは知っていますし、必ずしもこうした荒波を若い時点で多く経験することが、いいことばかりではない側面も想像ができます。

でも、世界のレヴェルの現実が歴然とあり、それを知るチャンスとも感じます。私のところからは、これまで5人の生徒が国際ジュニアコンクールへ参加し、その大半が語学や海外へ目を向けるようになりました。世界の大きさや、多様な価値観を肌で感じる機会だったようです。

プログラムには、なかなか日本ではお目にかからないレパートリーも。上記にも、ピアニスト・アムランの作品、トッカータが目を引きます。現代ものも積極的にレパートリーに取り入れていけたら、と思いました。

おすすめの記事