今日はロシア奏法のレッスンへ。昨年の12月から通い始めて早4ヶ月。あるきっかけがあって、以前から気になっていた私の弱いところを改善したい、その一心で門戸を叩きました。

25種類のタッチを教えていただく。そして、スクリャービンの小品を弾いて、先生の出す音と自分の響きの差にガックリくる。

指導も演奏もアップデートし続けていく時代、と常々感じます。少しでも生徒にお裾分けできる日がきますように・・・

今日は先生宅の猫ちゃんの1匹が、お膝に来てくれました

おすすめの記事