ZOOMの手軽なインターフェースを使い始めてしばらくして、宅録のグレードアップをしたくなり、YAMAHA MG10 XU というアナログミキサーを7月に購入しました。

2ヶ月経っての感想は、使い勝手上々です。知人より譲り受けた2本のマイクAKG214をiPad Proに繋いでのステレオ録音撮影が、このミキサーで引き立つのを感じます。&、Zoomオンライン会議でも威力を発揮してくれています。その際は、1本のマイクは口元、もう1本はピアノに設置。

この間100本近く自宅レッスンでの生徒演奏を撮影したので、その一部をご紹介します(本当は動画ですが、プライバシーに配慮し音源のみです)。マイクの置き場、ミキサー設定、なんとなく我が家の宅録のツボが掴めてきたかな〜 というところです。

シューマン

ラフマニノフ

リゲティ

オマケ。こちらは私の手元動画付き。

 

2021/05/10 追記【新しいマイクが仲間入り】

生徒のお母様が使用してたiPhone用マイクが高音質だったので教えてもらい、我が家にも迎え入れました。コンパクトで持ち運びに便利&このマイク専用のアプリがあり、調整が効くのも魅力です。上記Op.10-1で聴き比べ動画を作ってみました。iPhone単独よりこのvideo kit 使う方がクリアなのがわかると思います(昨年買い揃えた宅録セットでの録画も最後に繋いでいます)。

SHURE mv88+ video kit →https://amzn.to/3vRS33d

ミニ三脚やパーツケース付。持ち運び目線で作られています。

  

我が家の宅録は iPad Pro + YMAHAインターフェース + AKG214 が今のところベスト。持ち歩きの時は、SONY HDR-MV1(現在は廃盤)を愛用していたのですが、編集するときにデータを移す手間がありました。このmv88+とiPhoneなら、そのままiMovieで編集出来る利点も。長時間録画に便利なSONYと併用しつつ、活用していこうと思います。

とはいえ、大事な本番や発表会はプロに任せるのが一番!クオリティが全然違います。練習・レッスン・リハーサルなど、普段の録画の参考になれば嬉しいです。

関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事