先月に続いて勉強会。13名が参加しました。私が、発表会とは別に勉強会をするのは、留学中の経験からです。レッスンで曲が少し形になってくると、先生から学校内のコンサートに声がかかりました。すぐの日程で暗譜ホヤホヤな本番も多かったのですが、そのステージへ向けて必死に練習し、アットホームな学校の舞台を踏ませてもらうことで、次に何をしたらよいのか、明確になりました。自分が指導するようになったら、こうした小さな本番会を生徒向けに作っていこう、と思っていました。

そして、ピアノ奏者は違う環境のピアノやホールに、即座に対応するスキルが求められます。ピアノは蓋が開いているので、その響きをパッキングしているのはホール。空間・タッチ・耳を瞬時に反応していけるかどうか、この内輪の勉強会で試してみるチャンスにもなれば、と考えています。

今回の勉強会も用途は様々。夏〜秋へ弾き込んでいく曲を初めて舞台に上げる人、本番前の仕上げの人、先月の勉強会での反省点を再度試してみる人etc… 私もそれぞれの生徒の状態を確認する日です。

昨夜は2台ピアノセッティングで、コンチェルトやアンサンブルの部も。そして、平日の夜にも関わらず、最後まで残って聴いていってくれた人が多かったのも印象的でした。今日からの練習の潤いになりますように。

関連キーワード
おすすめの記事